歯医者のウデを見抜ける通い方 むし歯編

インプラント治療の知識と費用と歯科医の選び方 

インプラントをしてみようと思ってこのサイトにたどり着いたあなたは幸運です。何故ならインプラントの大事なことが全て書かれているからです。

サイトマップ

その他の優れたインプラント治療法を紹介します

◎抜歯即時インプラント

文字通り、歯を抜くと同時にインプラントを埋め込む方法で、その利点は、

@手術では切開や剥離は行なわないので手術の負担が減ります。

A抜歯と同時にインプラントを埋めるので、手術回数が減り患者の負担が減ります。

B抜歯直後は、生体の治療機能が旺盛なため傷口が治りやすい。抜歯した部分の骨も回復が早いのです。

C抜歯してから時間がたつと骨が垂直に溶けて吸収されるが、抜歯即時法ではそれが起きません。

D治療期間の大幅な短縮ができます。

E早期に美観感が損なわれずに回復し、また歯ぐきの形が温存されるために見た目もきれいになります。

今までは、抜歯後は一時的に骨が少なるため、骨が回復をするために6カ月間待つべきだと考えられていたからです。

しかし実際には、骨の量は減って回復するので、以前と同じ量まで回復することはありません。

そのため抜歯と同時にインプラントを埋め込んだ方がかえって骨の減少を防ぐことができます。

1本や数本の部分的なインプラント治療にはもっとも最適な方法です。


実際の症例は…

下アゴの大臼歯がバイ菌に感染し、炎症を起こし治療不能になっていました。

このため、抜歯即時インプラントを計画し、抜歯すると同時にインプラントを埋め込みました。

手術後しっかりと骨の中に固定されていました。

インプラントの周りにはまだ骨のない部分がありますが、すぐに骨はできてきます。

手術後4カ月、骨はしっかり復元し、かぶせ物をきれいに入れられました。

歯を抜いてから4カ月後に治療が終了し、治療期間は半分に短縮されました。

ただし、抜歯即時インプラント治療ができない場合があります。

歯を抜いた後の骨の量が少なすぎる場合で、そのばあいは、GBR法(増骨処置)や骨が自然に回復するのを待つことになりその分、期間が長くなります。

◎即時荷重インプラント

インプラントを埋め込むと同時に、その日に人工歯(かぶせ物+土台)をかぶせる方法です歯が入るばかりでなくその日に噛むことができます。

前述した、オールオンフォーの技術を単独の歯に用いる方法です。

ただし、骨が非常に柔らいとか、骨の量が少ないなど、アゴの骨の状態によって判断します。

患者の骨の状態を的確に判断できる歯科医であれば必ずといって良いほど採用するはずです。


◎磁石を使ったインプラント

インプラントを埋め込んだ後、そのインプラントに磁石取り付け、入れ歯側にも磁石を付けて固定する方法です。

この治療方法は、

@埋め込むインプラントの本数が少なく済むために、手術が簡単で費用が少ないのです。

Aかぶせ物を入れる治療がないため、治療期間が短縮でき、手術の負担も少なくてすみます。

B通常の入れ歯に比べて噛む力が強くなります。

C通常の入れ歯よりもコンパクトなので、装着の違和感が少なくなります。

しかし、入れ歯そのものの煩わしさから解放されるわけではないので、人のよっては、入れ歯自体に精神的や機能的に違和感を持つ方には向きません。

また、噛む力は確かに高いのですが、通常のインプラントほど噛む力は出ません。

このデメリットを患者本人が問題視しないのであれば、非常に良い方法です。

費用の軽減と手術の負担を軽減できるのが魅力的です。

治療手順は…

@通常のインプラントをアゴの骨に埋め込みます。

Aインプラントと骨が結合したら、インプラントに磁石を取り付けます。

B入れ歯に磁石を取り付けます。

C入れ歯をインプラントに取り付けます。

磁力によって安定した入れ歯になります。

◎OAMインプラント

ドリルを使用しないでインプラントを埋め込む画期的な治療方法です。

厳密には従来の治療法に比べ90%減のドリル使用率です。

高血圧の患者や怖がりの患者には、手術ができない現実があります。

この治療方法は、2006年に技術革新がなされ、ドリルを使わずに(一部使用します)、インプラントを埋め込めるようになりました。

ドリルを使わない分、治療には時間がかかりますが、怖がりの患者にはうってつけの方法だといえます。

OAMインプラントには、骨の幅を広げる効果があります。そのため、骨の量を増やす手術をしなくて済みます。

OAMインプラント手術の手順は…

@インプラントを埋め込む箇所にマーキングとして、0.3mmの小さなドリルで印をつけます(ドリルを使用するのはこの時のみ)。

A根管の治療用ファイルと呼ばれる器具で、所定の長さまで穴を開けます。

麻酔が効いているので痛みもなく、振動も全く感じません。

Bオーギュメーターという器具を用いて、直径0.5→0.9→1.2→1.4→1.6mmとゆっくりと穴を拡大します。

C埋め込む予定のインプラの大きさまで拡大していきます。通常は3.2mmまでです。

Dインプラントを埋め込み、その後、治療して完了です。

OAMインプラントの新しさは、オーギュメーターと呼ばれる器具を使用することです。

オーギュメーターは直径の細いものから太いものまで20種類ほどあり、ファイル器具で開けた穴に、細いものから太いものへと順番に使用することで骨を外側へ押し広げていきます。

人の骨には弾力があるため、穴を少しずつ広げていきインプラントを埋める穴を作ります。

また、同時に骨の幅が広がり、骨密度も上がります。

そのため骨を増やす手間のかかる手術を必要することがなく、手術は1回で済みます。

骨粗しょう症の患者の方でもの可能性も広がります。傷口が小さく、手術後の治りも早いのです。

また、骨を削る時の不愉快な音や振動がないので、怖がりの方でも安心です。

インプラント治療といってもその方法は多種多様で、患者の方のケースや状態に合わせて最適な方法を選択できますので、全ての治療法がおこなえる歯科医院を選ぶことで、より安心できます。

現役歯科医・整体師が伝授「一日5分いびき撃退法」 家庭で出来る一日5分イビキ撃退トレーニング
はじめに
インプラントは失った歯を元通り蘇らせる
インプラントの構造は驚くほどシンプル
入れ歯は噛む力が出ません
ブリッジは健康な永久歯を削ります
インプラントは力強く噛めるようになります。
インプラントの欠点
インプラントは、危なくない、怖くない、痛くない治療方法です。
手術の際の痛さは、ほぼ100%ありません。
ノーベルガイドは、患者のあらゆる負担を軽減します。
インプラント手術に必須なCT撮影は、撮影のためのCTスキャナー(X線コンピューター断層撮影装置)必要です
歯科医院を選ぶもっとも重要なポイントは、CTスキャナーを備えているか、いないかです
CT撮影でリスクを回避した事例です
CT撮影しないと大きな事故が起こるリスクが大きいのです。
まだ、CT撮影に対する不安をお持ちの方へ…
極端に安いインプラント治療には疑問があります。
費用の内訳については、大きく4つに分かれます。
総入れ歯の方がインプラントにする場合(全ての歯をインプラントする場合と最新のオールオンフォーがあります)
かぶせ物の素材には、セラミックとハイブリットセラミックがあります
インプラント本体が骨に定着しない場合は、費用が増します
インプラント治療を受ける前に、歯科医に必ず確認する3つのポイントは…
信頼できる歯科医院は価格をオープンにしています
インプラント治療は、高額といわれる費用に見合った効果があります
オールオンフォーは画期的な治療法です
オールオンフォーのメリットは…
オールオンフォーの治療の流れを説明します
その他の優れたインプラント治療法を紹介します
インプラント治療の成否は、歯科医院選びで、ほぼ決まってしまいます
手術にはどの位の時間がかかるのでしょうか?
手術した当日はどうしたら良いのか?
治療期間と通院の回数は?
インプラントの寿命は?
術後の定期検診の内容と費用は?
インプラント治療後のトラブルについては?
手術後の外見について?
インプラントの人体への将来的影響については?
自分の歯と同様にしっかり噛めて、美味しく食べられます
歯の見ためがきれいになり、口元にしまりが出てきます
運動する時は、必ず歯をかみしめます
人との出会いが積極的になります
入れ歯の煩わしさから解放されました
まるで自分の歯のようにしっかりと食べることができています
ブリッジや差し歯の方もインプラントで大きな変化を実感しています
インプラントは口元を美しく、毎日、明るく暮らしています
手術による、痛みは、ほとんどありません
歯の治療法の中で、インプラントが最も優れている理由は…
インプラントの重要なポイントのまとめです
これで、あなたの人生は再びよみがえります
歯科に強くなる本!
リンク集
あの腰痛解消法で有名な、エゴズキューの顎関節症解消法歯科医師も推薦あごの激痛 アゴのガリガリマウスピースや痛み止め注射、医者もさじを投げた重度の顎関節症が1ヶ月で解消全米で40年の歴史10万人以上が支持
【全国】(歯科医院)20906件 名簿「病院名・FAX番号」
山田博士の「即実践マニュアル8」:あなたの歯が、どんどん悪くなる理由。フッ素塗布する歯科医には、こう伝えなさい!

いびき対策、防止に。1ヶ月で、いびきをかかない体質にする4ステップ
銀行 利息
























































インプラント治療の知識と費用と歯科医の選び方 All copyrights 2011 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。