歯医者のウデを見抜ける通い方 むし歯編

インプラント治療の知識と費用と歯科医の選び方 

インプラントをしてみようと思ってこのサイトにたどり着いたあなたは幸運です。何故ならインプラントの大事なことが全て書かれているからです。

サイトマップ

インプラントは、危なくない、怖くない、痛くない治療方法です。

初めて、インプラントの治療内容を知った方は、治療には手術が必要であり、さらに、骨にドリルで穴を開けて人工歯根を埋め込むなどと聞いて、不安になる方がいます。



その不安は、「手術の失敗は…」、「治療は怖いのでは…」、「治療に痛みは…」というような声が多くあがってきます。

インプラントは、危なくない、怖くない、痛くない治療法です。

その理由を順に追って解説していきます。

●考えられる失敗のケースは…

失敗例1)は、手術中に神経や血管を傷つけてしまうことです。

極めて少ない例ですがインプラント治療の訴訟の大半がこのトラブルです。

インプラント(人工歯根)を埋め込むアゴの骨の近くには、神経や血管が通っているのです。

それを誤って損傷しまうことです。

これは絶対避けるべきですが、その原因は、施術にあたる医師のインプラント技術や経験不足、レントゲンの読影ミス、CT撮影をしていない、などがミスを起こす可能性が大きいのです。

特に、CT撮影を行い、それを正しく読み取れば、まずミスは防げます。

失敗例2)は、インプラを埋め込むことができなかった。

患者のアゴの骨の量が少なすぎる場合や骨が柔らすぎる場合です。

現在では、骨の量を増やしたり、骨が柔らければ骨密度を増したりすることが容易にできます。

その方法は、いくつかあります。

例えば、歯の元になる未分化細胞を集めて骨を作る「GBR法」や骨の幅を広げる「リッジエキスパンジョン」という方法があります。

他には、上アゴの上の鼻の奥にある空洞部分を持ち上げて骨を増やす「ソケットリフト」や「サイナスリフト」があります。

この場合、一般的にはソケットリフトを行います。こは、比較的簡単な手術ですが、骨の量が極端に少ない場合は、サイナスリフトが施されます。

ただし、他の方法の手術に比べ、やや大がかりになり、患者の肉体的、金銭などの負担大きいため、なるべく避けますが、骨の量が極端に少ない場合は最も有効な手術方法です。


失敗例3)は、インプラントを埋め込んだが骨と接合しなかった場合です。

その原因の@は、患者の骨密度が低すぎて、インプラントの周囲を骨細胞がしっかりと囲んでくれなかったケースです。

このケースは、骨を濃縮して骨密度を上げたり、HAインプラントを使用する解決します。

HAプラントとは、通常のインプラント(チタン100%製)の表面に特殊なコーティングされており、インプラントと骨が接合しやすくしたものです。

そのため接合する時間が通常より短くてすむ特長もあります。

原因のAは、インプラントを埋め込むための穴をアゴの骨に開ける時、ドリルの回転が早すぎて熱が発生し、骨細胞が死んでしまことがあります。

骨細胞は熱に弱く、42℃程度で死んでしまいます。

このミスは、歯科医の初歩的な技術不足で起こります。

ミスを防ぐには、骨に穴を開ける際に、適正なドリル回転数を選び、十分な注水による冷却をしながら処置することなのです。

原因のBは、患者が糖尿病を患っていたり、ヘビースモーカーであった場合に起こります。

もともと糖尿病やヘビースモーカーの患者は、インプラントの接合度が通常の方より低い傾向にあります。

そのような場合は、前述のHAインプラントを使用する方法があります。

糖尿病の方は、健常な方5.8以下とされている、ヘモグロビンAIC(糖尿病のコントロール指標)の値が7を切るようよう、十分に管理することが望ましく、場合によってはインプラントの手術をしないということもあります。

まれにですが(約1%弱)、健常の方でも原因は不明ですが、インプラントと骨の接合しない場合があります。

この場合は、再手術すればほぼ接合します。

いずれにせよ、医師の方々が適切な措置や対処をすることで防ぐことができます。

これまで述べた、失敗の多くの原因は、医者の技量不足です。

当然、患者の骨の状態はそれぞれ違います。この失敗を防ぐ方法は、手術前のCT撮影が必要で、その画像データーを元に、綿密な手術の計画を正しく作成すれば、必ず防げます。

失敗例4)は、インプラントの治療が終わったが、後からインプラントがグラグラになってしまった場合です。

その原因は、ほとんどが歯周病によるものです。

この対処方法は、治療後、歯科医師から患者への十分な配慮が重要で、患者に適切な指導を行うことで解決できます。

現役歯科医・整体師が伝授「一日5分いびき撃退法」 家庭で出来る一日5分イビキ撃退トレーニング
はじめに
インプラントは失った歯を元通り蘇らせる
インプラントの構造は驚くほどシンプル
入れ歯は噛む力が出ません
ブリッジは健康な永久歯を削ります
インプラントは力強く噛めるようになります。
インプラントの欠点
インプラントは、危なくない、怖くない、痛くない治療方法です。
手術の際の痛さは、ほぼ100%ありません。
ノーベルガイドは、患者のあらゆる負担を軽減します。
インプラント手術に必須なCT撮影は、撮影のためのCTスキャナー(X線コンピューター断層撮影装置)必要です
歯科医院を選ぶもっとも重要なポイントは、CTスキャナーを備えているか、いないかです
CT撮影でリスクを回避した事例です
CT撮影しないと大きな事故が起こるリスクが大きいのです。
まだ、CT撮影に対する不安をお持ちの方へ…
極端に安いインプラント治療には疑問があります。
費用の内訳については、大きく4つに分かれます。
総入れ歯の方がインプラントにする場合(全ての歯をインプラントする場合と最新のオールオンフォーがあります)
かぶせ物の素材には、セラミックとハイブリットセラミックがあります
インプラント本体が骨に定着しない場合は、費用が増します
インプラント治療を受ける前に、歯科医に必ず確認する3つのポイントは…
信頼できる歯科医院は価格をオープンにしています
インプラント治療は、高額といわれる費用に見合った効果があります
オールオンフォーは画期的な治療法です
オールオンフォーのメリットは…
オールオンフォーの治療の流れを説明します
その他の優れたインプラント治療法を紹介します
インプラント治療の成否は、歯科医院選びで、ほぼ決まってしまいます
手術にはどの位の時間がかかるのでしょうか?
手術した当日はどうしたら良いのか?
治療期間と通院の回数は?
インプラントの寿命は?
術後の定期検診の内容と費用は?
インプラント治療後のトラブルについては?
手術後の外見について?
インプラントの人体への将来的影響については?
自分の歯と同様にしっかり噛めて、美味しく食べられます
歯の見ためがきれいになり、口元にしまりが出てきます
運動する時は、必ず歯をかみしめます
人との出会いが積極的になります
入れ歯の煩わしさから解放されました
まるで自分の歯のようにしっかりと食べることができています
ブリッジや差し歯の方もインプラントで大きな変化を実感しています
インプラントは口元を美しく、毎日、明るく暮らしています
手術による、痛みは、ほとんどありません
歯の治療法の中で、インプラントが最も優れている理由は…
インプラントの重要なポイントのまとめです
これで、あなたの人生は再びよみがえります
歯科に強くなる本!
リンク集
あの腰痛解消法で有名な、エゴズキューの顎関節症解消法歯科医師も推薦あごの激痛 アゴのガリガリマウスピースや痛み止め注射、医者もさじを投げた重度の顎関節症が1ヶ月で解消全米で40年の歴史10万人以上が支持
【全国】(歯科医院)20906件 名簿「病院名・FAX番号」
山田博士の「即実践マニュアル8」:あなたの歯が、どんどん悪くなる理由。フッ素塗布する歯科医には、こう伝えなさい!

いびき対策、防止に。1ヶ月で、いびきをかかない体質にする4ステップ
為替 金利












インプラント治療の知識と費用と歯科医の選び方 All copyrights 2011 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。